お客様の声

Vol.2

<お客様>

愛媛県新居浜市

福 羅 さん

<担当>

アズマ補聴器センター

近 藤 え り

福羅さんは9年前から補聴器を着けはじめたそうです。仕事上の打合せ時に、話がちょっと聞きづらいところがあって、仕事に差支えがでる心配を感じ、病院で聴力の検査後、医師から「これくらいだったら補聴器を着けてもいいくらいですね」という話が出て、補聴器を捜してみようかなと思われたそうです。
そんな福羅さんになぜ今回アズマ補聴器センターで補聴器を購入しようと思ったのか、またそのことによりどんなふうに生活が変わったのかについて詳しくインタビューさせていただきました。

(近藤)なぜ、今回当店で補聴器を購入しようと思われたのでしょうか?

その当時も現在も、新居浜に補聴器の専門店はアズマしかなかったんじゃないかな?
昔の新居浜駅のすぐ向かい側にあった頃から知っていたので「ちょっと行ってみようかな」と思いました。駅に来る時に、よく看板を見ていたのでね。

(近藤)初めて来られた時の印象はどうでしたか?

前、コンビニだったんじゃないかな?その後にアズマさんが入って。
初めて行ったときは駐車場も離れていたのでわからなくて、大変でした。店舗の横にもあったんですけどすごいスペースが狭かったんですよ。

(近藤)新しくなってからはどう思われました?

ちょうど駅前開発で取り壊しになると聞いて、どこに出来るかなと思っていたら、一等地みたいな場所になって。これは利用しやすくていいかなと思う。車も止めやすい。

(近藤)最初は補聴器をお試しされたんですよね?

はい。お試しサービスの中で、店頭でメーカーの聞き比べをしたが、フォナックが良くて、メーカーはすぐ決まりました。それから、フォナックの色んな種類を試してみました。そして、最初は耳かけ式を聞いて、髪が当たったら音が入るのがいかんかなと思い耳あな式にしました。

(近藤)耳あな→耳かけ→耳かけ、と買換えをされてきましたね

耳あな式から耳かけ式に形を変えた理由は「防水」。耳あな式の時は、運動する時に汗をかくので外していました。どうしても、(仲間と)一緒に走っているとき会話が聞こえなかったんですよ。
不憫なことがあったので、耳かけの防水を購入した。当時は防水は耳かけしかなかったんですよね。

(近藤)福羅様が補聴器を選ばれるポイントは「防水」なんですね

防水だと、汗をかいてもよかった。
前に買ったのは(1つ前の耳かけ式)チャンネル数が少なく、声が聞き取りにくかった。
言葉としての聞こえがちょっと会わなかったのかな。
それで今の補聴器に変えた。

(近藤)今の補聴器は

今の補聴器は優れていますね。騒音をしっかり押さえてくれて、走っていても声がしっかり聞こえる。
ひとつ、仕事で耳かけは都合が悪い事がある。
会社の電話がどう当てても聞こえにくい。
耳あな式なら補聴器を当てて聞こえるので、仕事中は耳あな式を使っている。

(近藤)上手に交互に使われているんですね

しかし今の職場は湿気が多いところなので心配ではある

(近藤)防水というのが福羅さんの補聴器選びのポイントなんですね
アズマへの要望はありますか

店舗が色々あるので、しょうがないんですけど、
スタッフさんの入れ替わりがあるので…。
慣れてきたところで、最初からまた知らない人に覚えてもらわないといけないのがちょっとね。
僕の行っているスポーツクラブもそうなんですけど。
新居浜もあれば重信も松山も今治も松前もあって、スタッフがかわるんですよ。
ちょっとそこがね、不便かな。
スタッフさんの勉強のためには必要なんだろうけどね。

(近藤)なにかここは良いな、という点があれば

よそとあんまり比べたことがないので…なんだろう?
(何か補聴器を検討されている方にアドバイスをいただけますか)
補聴器は自分に合った音や聞こえがある。
最終的に納得できるまで、色々調整してもらって、それで購入を決めた方がいい。後悔しますから。
無料試聴を何回利用してでもね。活用して。

(近藤)要望やメッセージがあれば

1番は耳あな式の防水がいいな。
どうしても耳かけ式は、大粒の汗が乗った時に聞こえにくくなってしまう。

≫ お客様の声一覧に戻る